家づくり物語(こだわり)

山清の家づくりは、土地探しから、家づくりまで、トータルで提案し、「暮らしたい街に住みたい家をかなえる家づくり」を提供しています。土地については、地元企業としての実績をもとに、要望にあった魅力的な自社物件を提供しており常に新しい物件情報を発信しています。また自社物件の土地に、山清がモデルハウスを提案する「売り建て」も行っています。建物については、創業以来続いている自社大工による施工を行い、営業からコーディネイター、設計、現場監督、大工まで、すべて揃った、自社一貫の家づくりが特徴です。こうした家づくりは、社員同士の打ち合わせの密度を高めることにより、建て主の要望をより確実にカタチにしていくことが出来ます。土地と建物をトータルで提案する、モデルハウスを造る、注文住宅を建てるなど、どんな要望にもきめ細かく応え、「造り手の顔が見える家づくり」を通して、あなたの夢をかなえます。大工集団

どんな住まいにも、弟子から弟子へと続く棟梁の知恵と技術を活かし、万全のサポート体制で永く快適に暮らせる“安心の住まい”を実現します。

「構造材は太くしろ」職人の技と知恵が息づく山清の家。

地域に暮らし、地域と共に育ってきた株式会社山清は、家大工の棟梁のもとで修行を積んだ山本清斯(創業者)が昭和34年に山本建築として創業。社会的な混乱期と重なって、人々が自分の家を持ちたいという思いが、今よりももっと強かった時代に、丈夫で見栄えの良い家づくりに取り組んできました。
昭和51年に株式会社山清となり、同時に会社の片腕となる山清協業グループを結成し、様々な時代の要求に応えてきました。山清の直接施工は山本建築時代から続くものです。

「構造材は太くしろ」というのは、山本清斯が常に社員たちにいう言葉。この言葉のもと、山清ならではの知恵と技術を駆使し、創業当時からの変わらぬ情熱をもって今の時代に応える家づくりに取り組んでいます。

もっといい住まいを。さらに磨きをかける自社一貫の家づくり。

山清は地域に根付いて育ってきた会社だからこそできる家づくりを目指し、土地探しから、設計施工、アフターサービスまで自社一貫の家づくりを行っています。
山清の工事部は、大工が集まった職人集団。弟子から弟子へと伝統の技が脈々と生きつづけ、自社で育て上げた確かな技術をもった職人たちが直接施工し、営業、設計、現場担当者とが密に連絡を取り合うことで建て主の要望を活かした家づくりを実現させています。
また、いつまでも快適に山清の家に住んで頂くために、リフォーム部であるリックがアフターサービスからリフォームまで対応。

時代に応える柔軟な発想で、末永く快適に暮らせる住まいづくりをお手伝いします。

家づくりの流れ

家が完成したあとの
おつきあいも大切にし、
ずっとあなたの
住まいと暮らしを
見守っていきます。